遊びに来ませんか!?

ハウスオブジョイは、フィリピンにある日本人が運営する児童養護施設です。
こどもたちにとって、みなさんが遊びに来てくれることが一番の楽しみです。
きれいな海、おいしいご飯、こどもたちの笑顔・・・ あなたもきっと、この場所を楽しめると思います!

☆ 意外と簡単!ハウスオブジョイの行き方 ☆

ハウスオブジョイはフィリピンのダバオオリエンタルにあります。
一人旅、大学のゼミ、家族連れなど、毎年数十人を超える人たちが遊びに来てくれています。
あなたも試しに、ダバオ空港までの航空券を探してみましょう!
この下にある「出発地」のところに最寄りの空港を入力し、検索ボタンを押してみてください。

☆ 送迎と宿泊施設があるから安心! ☆

日程が決まったら、このページの下にある「お問い合わせ」からご連絡ください。
ダバオ空港までお迎えにあがります。
また、質素ですが朝昼晩の3食と宿をご用意いたします。

宿泊費:大人1300ペソ / 学生1000ペソ (1泊)
空港までの送迎費:1500ペソ (片道料金・最大8人乗車可・片道約2時間)

☆ ビザ不要! ☆

滞在が1ヶ月以内ならビザは要りません。航空券とパスポートがあればOKです!

自宅から応援!!

ハウスオブジョイが活動を続けられるのは、みなさんの応援のおかげです。
遊びに来られない時も、自宅から応援していただけると嬉しいです!

☆ JOIN TO JOY会員になって応援 ☆

JOIN TO JOY会員になると、会員専用サイトや滞在費無料などの特典を利用できます。
クレジットカードがあれば毎月500円から、自動でお支払いが可能です。
登録はこちらから!

☆ お買い物で応援 ☆

JOIN TO JOY(ブログ) にある、amazon(アマゾン)の広告をクリックしてお買い物をすると、広告料が入る仕組みになっています。
amazonは本、電化製品、日用雑貨、お米や飲料など、インターネットから注文すると玄関まで届く便利なサービスです。

☆ クリックで応援 ☆

gooddo(グッドゥ) というサイトの「応援する」ボタンを押すと、支援金がHOJに入ります。
このボタンは毎日1回押すことができます!

☆ 募金で応援 ☆

最近ちょっと生活に余裕が出てきた。
パチンコで勝った!
こどもが成長してお金がかからなくなった…
そんな時、あなたの資金や楽しみを、少しだけシェアしてください。

銀行名:ゆうちょ銀行(金融コード9900)
支店名:一七九店(イチナナキュウテン)
当座:0044320
「ヨロコビノイエ」(ハウスオブジョイ)ヲササエルカイ

ご寄付をいただいた方には、活動や収支に関する報告、こどもたちの声をお伝えしております。
お手数ですが、ご寄付の際には「お問い合わせ」までご一報いただけると幸いです。

施設の概要

☆ 活動内容 ☆

ハウスオブジョイはフィリピンのダバオオリエンタルにある、日本人が運営している児童養護施設です。
フィリピン政府福祉局の連絡を受け、親のいない暮らしや、虐待などに苦しむこどもを保護し、貧しさから抜け出せるように18歳まで育てるのが私たちのミッションです。

一緒にごはんを食べ、行ってらっしゃいと学校へ送り出し、お帰りなさいと迎え、一緒に洗濯をし、そうじをし、映画を見たり、海で遊んだり、遠足にいったりしながら、こどもたちを家族として育てます。

それまで学校に通えなかった子たちも、ハウスオブジョイに入ると、小学校、中学校に通い、10年間の公教育をうけます。
また、ハウスオブジョイは、近所の子たちの就学支援「カシンカシン奨学金」も行っています。毎年100人のこどもが学校に通えるように、制服、学用品などの就学費用を支援しています。

学校教育だけでなく、ハウスオブジョイでは生活力の教育に力を入れています。掃除、水汲み、洗濯、料理。薪割りなど、「自分のことは自分でできる」働き者になれるように、ひとりひとりに責任を持たせて共同生活をしています。

そして、私たちハウスオブジョイが何より大事にしているのは「愛」の教育です。笑顔で人と接すること、困った人と友達になること、みんなで一緒に遊ぶこと。
貧しさから抜け出すということは、お金持ちになるということではありません。愛のある暮らしをするということです。生まれた家庭に恵まれなかった子たちに、素敵な家庭をいつか持ってもらいたい。それが私たちの夢です。

☆ 歴史 ☆

1981年に長崎出身の烏山逸雄が、ダバオオリエンタルに青年海外協力隊員として派遣されたのが、ハウスオブジョイの歴史のはじまりです。
協力隊の任期終了後、日本の企業で働き、フィリピンで出会ったアイダ夫人と結婚し、台湾で駐在員として10年間働いたのち、一念発起してハウスオブジョイをつくることを決めました。
勉強のために日本の児童養護施設で2年間働いたのち、1996年にフィリピンへ移住、ハウスオブジョイ設立に向けて動きます。
そして1997年8月、14人のこどもたちと共にハウスオブジョイはスタートしました。

準備した資金は設立と最初の1年で底をつきました。以来ハウスオブジョイは、多くの方の支援によって支えられてきました。
協力隊時代の仲間、長崎のカトリック教会の仲間が支えてくれるようになり、仲間が仲間を呼んで、日本中の大学や教会で、ハウスオブジョイを支援するグループができました。
また、日本政府からも支援を受け建物も立派になり、フィリピン政府からも優良非営利団体NGOとして表彰されるまでに成長しました。
2015年現在までに、200人のこどもがハウスオブジョイにやってきて、その多くが社会に巣立っていきました。

☆ 基本情報 ☆

団体名:ハウスオブジョイ
フィリピン政府福祉局 NGO認定
設立:1997年8月
所在地: Batobato, San Isidro, Davao Oriental 8209, Philippines
代表: 烏山 逸雄
運営規約: こちらからダウンロードできます

☆ スタッフ ☆

烏山逸雄
創始者・代表
元青年海外協力隊員
(S55年・フィリピン・農業野菜)
元奥浦慈恵院職員
「見える行動で、見えない愛を表現したい」

烏山アイダ
院長
元バトバト村会議員
「ここが 私の本当の家族です」

澤村信哉
事務局長・副院長
元日本語教師
(フィリピン8年・ブルガリア2年)
似顔絵描き・楽器演奏芸人
「楽しい思い出こそが困難を乗り越えるための糧」

増子朗
IT担当
元青年海外協力隊員
(H23年・フィジー・コンピューター技術)
ITエンジニア

メルヴィン
ソーシャルワーカー

ガガ
事務担当

ドドン
運転手

フィデル
用務員

エルヴィー
ハウスマザー/料理長

ロース
ハウスマザー

お問い合わせ

宿泊の予約、ご不明な点など、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
メッセージ本文(必須)
メールアドレスが間違っていないか確認しました。